【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】はどっち?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

トヨタランドクルーザーは優れた走破性と高い安全性に加え高級感のあるデザインとインテリアを持ち合わせたSUVの王者でもあります。

対する三菱デリカD5はSUVとミニバンの機能を兼ね備えており多人数での移動にも最適なオフロード性能を搭載したミニバンです。

トヨタランドクルーザー三菱デリカD5を様々な面から徹底比較していきます。





【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】は価格はどっち?

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】は価格はどっち?引用:https://www.niconori.jp/car/DELICA_D5

まず初めに販売価格について比較をしていきます。

トヨタランドクルーザー200系

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】は価格はどっち?引用:https://www.caradvice.com.au

トヨタランドクルーザーは、世界的にも人気の高い車で先進技術を搭載した高級車SUVです。

4つのグレードが設定されておりいずれも4.6Lの4WDガソリン車となっていますね。

最上級グレードのXG販売価格(オプションはなしの場合)

車両本体価格・6,847,200円

税金+自賠責保険料・318,280円

リサイクル料金・15,060円

その他の諸費用・65,727円

合計金額・7,246,267 円(税込み)

流石に最上級グレードは高級らしい価格設定ですね。

次に中間グレードのAXの販売価格(メーカーオプションはなしの場合)

車両本体価格・5,151,600円

税金+自賠責保険料・263,580円

リサイクル料金・15,060円

その他の諸費用・65,727円

合計金額・5,495,967円 (税込み)

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】は価格はどっち?引用:https://www.northpointtoyota.com.au/newcars/landcruiser

最後に廉価グレードとなるGXの販売価格(メーカーオプションはなしの場合)

車両本体価格・4,739,040円

税金+自賠責保険料・253,280円

リサイクル料金・15,060円

その他の諸費用・65,727円

合計金額・5,073,107 円(税込み)

続いて三菱デリカD5についてご紹介していきます。

三菱デリカD5

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】は価格はどっち?引用:https://www.a-kimama.com

三菱デリカD5はミニバン型でありながら優れた走行性能と高い安定性を備え

更にガソリンエンジンの他にクリーンディーゼルエンジンを採用し環境にも配慮した車でもあります。

まずは2.2L4WDクリーンディーゼルエンジンを搭載した最上級グレードとなるD-premiumの販売価格からご紹介します。

車両本体価格・4,055,400円

税金+自賠責保険料・55,480円(エコカー免税対象車 のため自動車取得税と自動車重量税が免税となります。)

リサイクル料金・15,000円

その他の諸費用・51,400円

合計金額・4,177,280円(税込み)

続いては同じく2.2L4WDクリーンディーゼルエンジンを搭載の D-Power packageの販売価格です。

車両本体価格・3,534,840円

税金+自賠責保険料・55,480円(エコカー免税対象車 のため自動車取得税と自動車重量税が免税となります。)

リサイクル料金・15,000円

その他の諸費用・51,400円

合計金額・3,656.720円(税込み)

次に2.4L4WDガソリン車の上級グレードG-premiumの販売価格です。

車両本体価格・3,731,400円

税金+自賠責保険料・197,880円

リサイクル料金・15,000円

その他の諸費用・51,400円

合計金額・3,995,680円

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】は価格はどっち?引用:https://minkara.carview.co.jp

続いては同じく2.4L4WDガソリン車のG-Power packageの販売価格です。

車両本体価格・3,177,360円

税金+自賠責保険料・184,080円

リサイクル料金・15,000円

その他の諸費用・51,400円

合計金額・3,427,840円

最後に廉価グレード2.4L4WDガソリン車Mの販売価格です。

車両本体価格・2,855,520円

税金+自賠責保険料・175,980円

リサイクル料金・15,000円

その他の諸費用・51,400円

合計金額・3,097,900円

以上が4WDの販売価格ですが、比較するとランドクルーザーは高級車らしく圧倒的に価格は割高となりますね。

三菱デリカD5はクリーンディーゼルエンジン車なら税金が免除される優遇措置があるので更にお得感がありますよ!

価格の面とファミリーカーとして選ぶなら三菱デリカD5のほうがコスパ的にもお得でしょう。





【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】大きさは?

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】大きさは?

引用:http://kakaku.com/item/70100110641/

次にトヨタランドクルーザーと三菱デリカD5のボディーサイズについて比較をしていきます。

トヨタランドクルーザーのボディーサイズ

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】大きさは?引用:https://www.autoevolution.com/

トヨタランドクルーザーは、重厚感のある迫力のボディーサイズも魅力の1つでもありますよね。

全長/4,950mm

全幅/1,980mm

全高/1,880mm

車両重量/2430kg~2690kg

全長が長いのが特徴的で、走行時の安定性も高く乗り心地も快適で更に車高も高いので長時間でも疲労感なく運転できます。

デメリットは全長と全幅がある分、狭い道の走行や内輪差の関係で駐車や方向転換の際には苦労します。

三菱デリカD5のボディーサイズ

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】大きさは?引用:https://www.goodspress.jp/pr/73430/

対する三菱デリカD5は室内はゆったりとしていますが、ボディーサイズは一般的なミニバンです。

全長/4790mm

全幅/1795mm

全高/1870mm

車両重量/1770kg~1910kg

ミニバンタイプで、大人数の移動でも快適で狭い道でも難なく走行できます。

車高も高いので見通しも良く長時間のドライブでも楽々です。

比較してみると一目瞭然で、トヨタランドクルーザーのボディーサイズの方がいかに大きいのか分かりますね。

参考にSUVのライバルとしてよく比較される三菱のパジェロにもボディーサイズはトヨタランドクルーザーの方が若干上回っています。

結果としては車両のサイズでは、圧倒的にトヨタランドクルーザーの方に分があるでしょう。





【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】燃費はどっち?

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】燃費はどっち?引用:https://www.webcg.net/articles/-/10268

最後にトヨタランドクルーザーと三菱デリカD5の燃料消費率の比較をしていきます。

トヨタランドクルーザーの燃料消費率

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】燃費はどっち?引用:https://www.caradvice.com.au/545743/2017-toyota-landcruiser-200-gxl-review/photos/

トヨタランドクルーザーは、総排気量が大容量の4.608Lで使用する燃料はハイオクガソリンです。

公式で発表されているランドクルーザーのJCO8モード燃料消費率では、6.7km/L~6.9km/Lとなっていますが実際の所はもう少し燃費は悪いようですね。

低フリクション化の効果により燃料消費率の効率化を図っていますが、低燃費が当たり前の時代としては特殊な車と言えるでしょう。

三菱デリカD5の燃料消費率

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】燃費はどっち?引用:https://shinnaturalism.com/1622.html

対する三菱デリカD5の方ではクリーンディーゼルエンジンとガソリンエンジンの2つが設定されており

クリーンディーゼルエンジンの方では2.2L直4DOHC16バルブエンジンを搭載した4WD駆動方式です。

公式で発表されている三菱デリカD5のJCO8モード燃料消費率は、2.2Lクリーンディーゼルエンジンの方では13,0km/L

2.4Lガソリンエンジンの方では10,6km/Lで、2,0Lガソリンエンジンは13,0km/Lとなっています。

2.2Lクリーンディーゼルエンジンの方がガソリンエンジンに比べて燃料消費率にも優れ環境にも優しいエンジンと言えるでしょう。

三菱デリカD5は環境対応車普及促進税制の適合車にも認定されており税制面での優遇措置も受けることができお得ですね。

トヨタランドクルーザーと三菱デリカD5を比較した場合は、燃料消費率では圧倒的に三菱デリカD5の方が優位性があります。

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】燃費はどっち?引用:https://banxehoi.com/

トヨタランドクルーザーはハイオク仕様なので燃費もさることながら燃料代も高くつき経済的とは言えません。

一方の三菱デリカD5はクリーンディーゼルエンジンなら燃料は軽油なのでハイオクやレギュラーガソリンに比べて経済的でコスパ的にも良いでしょう。

燃料消費率の面で見ると三菱デリカD5の方が圧倒的に経済的にお得です!

ここまで販売価格と車両の大きさと燃料消費率を比較してきましたがその三点ですと三菱デリカD5の方が有利ですが、安全性・走破性・耐久性・高級感など総合的に見るとトヨタランドクルーザーのほうが上位であると言えるでしょう。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/landcruiser/

【トヨタ・ランドクルーザー】を50万円も安く買う方法とは何か!?

トヨタのランドクルーザーかっこいいですよね!?

ゴツゴツと男らしさを備えながらも、
新型はよりスタイリッシュに
街乗りにも使えるようになっていますね。

休日にランドクルーザーで
ちょっとした旅行、キャンプもいいですね!
アクティブなパパを演出できます!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「ランクル欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
ランクルに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のランクルを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
ランドクルーザーの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


 

トヨタランドクルーザーの関連記事

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・パジェロ】はどっちだ!?

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【トヨタ・ランドクルーザープラド】

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【トヨタ・ハイラックス】比較

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・アウトランダー】はどっち

【トヨタ・ランドクルーザー】VS【三菱・デリカD5】はどっち

ピックアップ記事

  1. トヨタランドクルーザーの購入を検討している読者様に、優良な情報をお届けいたします。60年以上の歴…
  2. トヨタランドクルーザーの購入を検討している読者様に、優良な情報をお届けいたします。60年以上の歴…
  3. トヨタランドクルーザーは、世界各国で多くの方に愛され支持されている高級SUV車です。今回はラ…
  4. トヨタランドクルーザーの購入を検討している読者様に、優良な情報をお届けいたします。60年以上の歴…
  5. 長い歴史の中で、世界的SUVとして愛されてきたトヨタ・ランドクルーザー。現行モデルも高級SUVの…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP