【トヨタ・ランドクルーザー】維持費やローンは?残価設定にすべき?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

トヨタランドクルーザーは優れた走行性能と高級感を兼ね備えた人気の高い上級ランクのSUVですが

やはり購入となるとローンや車の維持費が気になるところだと思います。

車のローンについてや税金のことまで詳しくまとめてみました。





トヨタランドクルーザーのローンはどのくらい?

トヨタランドクルーザーのローンはどのくらい?引用:http://www.biz-newspaper.com/back/carloan_costdown.html

まず初めにトヨタ,ランドクルーザーのローンについて詳しくご紹介していきます。

新車を購入する際の内訳として、車両本体価格とメーカーオプション料に消費税が加算され更にそこに様々な諸経費も加わります。

ローン契約は諸経費を除いた総額に対して金利がかかり通常は最長5年程が一般的となっています。

ランドクルーザーのローン価格

トヨタランドクルーザーのローンはどのくらい?引用:https://behindthewheel.com.au

トヨタ,ランドクルーザーには、4つのグレードが用意されておりさらにオプションの選択により価格差も大きく変動してきます。

ローンを組む場合には、2種類の支払いプランから選ぶことができ一般的な割賦型プランと残価設定型プランがあります!

まず初めに割賦型プランについて実際にかかるローン費用の一例を含めてご紹介していきます。

トヨタ自動車の車を購入する場合には、トヨタクレジットのカーローンで割賦契約をするケースが一般的です。

トヨタクレジットでのローン申請の条件としては、年齢は18歳から70歳までもう1つは定期的な収入がある方が対象と見なされますよ。

ここで注意したいのが、販売店によりローン金利が一律ではないというところです。

特にランドクルーザーは、高額な車なので金利の違いは大きな負担となってきますので購入の際にはいくつかの販売店をリサーチしたほうが無難ですね。

トヨタランドクルーザーのローンはどのくらい?引用:https://www.caradvice.com.au

ランドクルーザーを購入した場合の車両価格やそれに伴う諸経費及びローンに支払う金額の一例をご紹介します。

ランドクルーザーのAXグレードの場合(オプションなし)

車両本体価格、5,151,600円

自動車税・自動車取得税・自動車重量税+自賠責保険料、263,580円

車庫証明代や登録費用の諸経費、65,727円

リサイクル料金、15,060円

総額、5,495,967円(税込み)

こちらのモデルを使用してローンの支払い額を算定をしていきます。

トヨタランドクルーザーのローンはどのくらい?引用:https://www.whichcar.com.au

トヨタクレジットのカーローンの金利は4%から7%と販売店によって幅広く設定されていますので注意して下さい。

今回は金利4.90%で計算してみます。

車両本体価格、5,151,600円の場合の金利4.90%で算定したローン支払い額

36回払い(頭金・ボーナス払いなし)の場合は初回のみ156,504円で毎月の支払額は154,100円となり総額では5,550,004円

48回払い(頭金・ボーナス払いなし)の場合は初回のみ118,610円で毎月の支払い額は118,400円となり総額では5,683,410円

60回払い(頭金・ボーナス払いなし)の場合は初回のみ101,756円で毎月の支払い額は96,900円となり総額では5,818,856円

トヨタクレジットのカーローンの他にも安い金利で融資している銀行などのマイカーローンもありますよ!

ローンを組む際に失敗しないように注意するべき点

トヨタランドクルーザーのローンはどのくらい?引用:http://www.motorama.com.au

販売店の営業マンはローンを契約を結ぶ際には提携してるローン会社を勧めるのが一般的です。

販売店のローンを組む前にいくつかのお店の見積もりを取って金利の安いディーラーと契約する事が重要と言えます。

しかしながら販売店が提携もしくは自社でローン会社を扱うところの金利は高い所が多くできれば銀行などのマイカーローンの方がお得というのが実際のところですね。

トヨタの例でいうと一般的な割賦の場合はトヨタクレジットでは4%から7%ですが銀行のマイカーローンでは2%から4%の所が多くあります。

銀行でローンを組む場合には、変動金利プランとプランで固定金利プランがありますが基本マイカーローンは5年以内の期間で組む方が多いと思うので

変動金利で組む方が良いでしょう。





トヨタランドクルーザーの残価設定はいくらなの?

トヨタランドクルーザーの残価設定はいくらなの?引用:https://carnosy.com/200-car-loan/

ここでは、ローンの残価設定型プランについてご紹介していきます。

まずは残価設定型プランとはどういったプランなのかを説明していきますね。

ローンには、通常のローンと残価設定型の2種類があり大きな違いは何かというと残価設定の方は新車購入時に買い替えの下取りされる金額が予め差し引かれ残価の支払いだけで済むというプランなんです。

残価設定におけるメリットとデメリット

トヨタランドクルーザーの残価設定はいくらなの?引用:https://www.ozroamer.com.au

残価設定型プランの最大のメリットは毎月に支払う返済額を抑えることができるところです。

金利も通常のローン返済に比べ優遇されておりお得ですよ。

残価設定型を選ぶメリットは他にも買い取り価格の保証制度(条件あり)や残価設定型のプランは3年~5年契約なので車検費用がかからないなどの点も利点と言えるでしょう。

残価設定型プランのデメリットは総額では通常ローンよりも高くなる場合があるという点です。

更に自動車の所有権は販売者側にあるので3年~5年の間レンタルしているという方が正確かもしれませんね。

残価設定型プランでは買い取りの保証がされていますが、こちらには様々な制約が設けられていますよ。

走行距離数は上限が設定されており車をカスタマイズする事も厳禁とされています。

更に事故車は当然ですが傷や不具合があれば保証が行われない場合もあるので事前に確認しておいた方が賢明でしょう。

トヨタ,ランドクルーザーの残価設定型のローン支払い額

トヨタランドクルーザーの残価設定はいくらなの?

残価設定型プランでは通常の割賦プランと比較すると1%から2%ほど金利がお得となりますよ!。

車両本体価格、5,151,600円の場合の金利3.90%で算定したローン支払い額

36回払い(頭金・ボーナス払いなし)の場合は初回のみ67,500円で毎月の支払額は64,300円となり総額では5,653,750円となっています。

48回払い(頭金・ボーナス払いなし)の場合は初回のみ61,156円で毎月の支払い額は59.600円となり総額では5,790,676円となっています。

60回払い(頭金・ボーナス払いなし)の場合は初回のみ60,079円で毎月の支払い額は56,500円となり総額では5,912,879円となっています。

残価設定型プランが向いている方は3年~5年したら新車に乗り換えたい方や期間限定で車の必要性に迫られた人にはおすすめのプランですね。





トヨタランドクルーザーの維持費結局どのくらいかかるの?

トヨタランドクルーザーの維持費結局どのくらいかかるの?引用:https://kuruma-nandemo.com/jidoushazei-wasureteta/

ランドクルーザーの維持費用は税金・ガソリン代・駐車場代・任意保険料など年間では結構な負担となりますね。

まず初めに自動車の税金は排気量や重量に対して算出されますが、ランドクルーザーの自動車税は4600ccの排気量なので88,000円となります。

ランドクルーザーの車両重量税は基本20,500円ですが、オプションによっては重量が加算され24,600円になる場合もあります。

またこちらの車はエコカー減税の対象車でないので注意が必要ですね。

次にガソリン代ですが、ランドクルーザーはハイオク仕様なので1回の満タンで容易に1万を超えるのでいかに安いガソリンスタンドを見つけるかも重要となってきますね。

駐車場代はお住まいの地域により変わるので、一概には言えませんが東京では平均相場は31,077円と高額なので負担も重くなる傾向にあるようです。

最後に任意保険料ついてですが、トヨタ,ランドクルーザーは盗難の危険性もあるため車両保険に加入するのは必須となり必要な経費と思ったほうが良いでしょう。

トヨタランドクルーザーの維持費結局どのくらいかかるの?引用:https://www.caradvice.com.au

また2018年1月から取り入れられた自動ブレーキ割引によりランドクルーザーの保険料を今よりも安くできる可能性があるので保険料の見直しをおすすめします。

以上の費用を足すとランドクルーザーの年間維持費用は少なくても80万程度は必要となる計算となりある程度の出費は覚悟しておきましょう。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://toyota.jp/landcruiser/

【トヨタ・ランドクルーザー】を50万円も安く買う方法とは何か!?

トヨタのランドクルーザーかっこいいですよね!?

ゴツゴツと男らしさを備えながらも、
新型はよりスタイリッシュに
街乗りにも使えるようになっていますね。

休日にランドクルーザーで
ちょっとした旅行、キャンプもいいですね!
アクティブなパパを演出できます!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「ランクル欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
ランクルに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のランクルを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
ランドクルーザーの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
多くの買取業者から電話が来ることはありません!

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


 

トヨタランドクルーザーの関連記事

【トヨタ・ランドクルーザー】不具合とリコール情報紹介!対応は?

【トヨタ・ランドクルーザー】口コミや評価評判を紹介!良い?悪い?

【トヨタ・ランドクルーザー】価格・費用は?グレードで違いはある?

【トヨタ・ランドクルーザー】納期や納車状況はどう?納車待ちは?

【トヨタ・ランドクルーザー】燃費や実燃費はどう?燃費向上してる?

【トヨタ・ランドクルーザー】内装や内装色は選べるの?内寸はどう?

【トヨタ・ランドクルーザー】値引きで買いたい!相場や限度額は?

【トヨタ・ランドクルーザー】カラーや色見本を紹介!人気カラーは?

【トヨタ・ランドクルーザー】試乗評価は実際に乗って…良い?悪い?

【トヨタ・ランドクルーザー】スペックや加速性能、乗り心地はどう?

【トヨタ・ランドクルーザー】エコカー減税で自動車税の費用が減る?

【トヨタ・ランドクルーザー】サイズ比較とサイズ感は?他車と比べる

【トヨタ・ランドクルーザー】モデルチェンジ予想!情報は?時期は?

【トヨタ・ランドクルーザー】外寸や外装は?機械式駐車場に入るの?

【トヨタ・ランドクルーザー】安全性はどう?自動ブレーキはいい?

【トヨタ・ランドクルーザー】維持費やローンは?残価設定にすべき?

ピックアップ記事

  1. 長い歴史の中で、世界的SUVとして愛されてきたトヨタ・ランドクルーザー。現行モデルも高級SU…
  2. トヨタランドクルーザーの購入を検討している読者様に、優良な情報をお届けいたします。60年以上の歴…
  3. 長い歴史の中で、世界的SUVとして愛されてきたトヨタ・ランドクルーザー。現行モデルも高級SU…
  4. トヨタ・ランドクルーザーは優れた走行性能と高級感を兼ね備えた人気の高い上級ランクのSUVですが…
  5. 長い歴史の中で、世界的SUVとして愛されてきたトヨタ・ランドクルーザー。ランドクルーザーに限らず…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP